フィーバーフューの効能

偏頭痛にフィーバーフューをどうぞ。当サイトで基礎知識を入手して活用してみてください。

フィーバーフューの基礎知識

偏頭痛の緩和にフィーバーフューを試してみたい方が最近増えています。

当サイトでは、フィーバーフューの上手な摂り方や副作用などの気になる情報を掲載しています。

先ずは、基礎的な知識を身につけていきましょう。

フィーバーフューは解熱効果の高さから、「熱を下げる」という意味の「フィブリフューガ(Febrifuga)」が訛って名前になりました。

フィーバーフューは夏白菊(ナツシロギク)と和名では呼ばれていて、その名のとおりキク科の植物なんです。

フィーバーフューの葉っぱは、強烈な薬品のような臭いから、ハチやアリを近づけない防虫剤的な利用もできるんです。 又、味も強烈な苦味があって、そのまま食べるのは辛いかもしれません。

なおハーブティーなど摂取方法についてはこちらをご覧ください。

フィーバーフューの歴史

大昔からハーバリスト達はフィーバーフューを様々なことに利用してきました。

先の基礎知識にも書いたように解熱にも使えますが、ギリシャでは関節炎の治療に使われていたとも言われています。

1978年にイギリスの新聞で、一人の女性がフィーバーフューの葉を使って、片頭痛を治したという衝撃的な記事が載りました。この記事が発端となり専門家の目に留まり、本格的な研究が始まったと言われています。

その後イギリスの医学誌で、フィーバーフューの主成分パルテノライドに偏頭痛やリウマチ性関節炎の一因であるセロトニン、プロスタフランジンと言う物質を抑制することが発見されたと発表されたのです。

この瞬間、ハーバリスト達の間では何世紀も前から常識とされていたことが、1988年に、やっと医学会でも認められたのです。

いろんな片頭痛の症状

頭痛の症状には様々なケースがありますが、以下の様に分類できます。

片頭痛
「片頭痛」は脳の血管が拡張することで神経を圧迫し引き起こす頭痛のことを言います。片側だけが痛むことがほとんどですが、両側が痛むこともあります。ズキンズキンと脈打つような頭痛で、めまい、嘔吐、吐き気を伴うこともある女性に多い頭痛です。
群発頭痛
「群発頭痛」は男性に多い頭痛で、片側の目がえぐられるような激痛に襲われ、主に睡眠後1〜2時間の間に起こるのが特徴です。
緊張型頭痛
「緊張型頭痛」は頭や首周りの筋肉のコリや精神が緊張することで起こります。また「くも膜下出血」の場合は突然バットで殴られたような激痛に襲われ、「髄膜炎」は発熱を伴った痛みがあります。

なぜフィーバーフューは偏頭痛を緩和するのか?

それでは次に、なぜ偏頭痛が起きるのかを簡単に説明をしてみましょう。

脳の内部や周辺の血管が収縮拡張した時に、周りの感覚神経を刺激したり、炎症を起こしたりするためだと考えられています。

なぜ血管が収縮拡張するのか分かっていませんが、血小板から分泌されるセロトニンや、脳の周辺の三叉神経が関係していると言われています。

フィーバーフューは偏頭痛を防ぐのに使用されていますが、これはフィーバーフューに含まれるパルテノライドと言う成分に、血液の凝固を抑制する作用があり、血流をスムースにするからと考えられます。

フィーバーフューの副作用

標準化されたフィーバーフューカプセルで推薦された量をとる場合副作用は最小となります。小さな副作用は胃腸の不調や神経過敏を含みます。

フィーバーフューの葉をもぐもぐ噛んだりすると潰瘍性口内炎(口内びらん)の原因となると報告されています。
フィーバーフューは妊娠、授乳中には推薦されません、2歳以下の小児には使用しないで下さい。

ハーブと抗癌剤を併用すると、乳癌の抗癌剤に対する感受性が高くなる報告があります。
現時点でフィーバーフューの重大な薬物相互作用は報告されていません。

夏白菊(ナツシロギク)とも呼ばれています。

ガーデニングの世界ではフィーバーフューと言う呼び名よりも夏白菊(ナツシロギク)の名前の方がメジャーかも知れません。

キク科の多年草で夏に花を咲かせ、カモミールによく似た花を咲かせます。

育て方も簡単なので家庭園芸でいかがでしょうか。

注意事項と免責事項

・当サイトの情報を元にフィーバーフューを摂取される際は、必ず文献等を確認し自己責任てご利用ください。

・フィーバーフュー等の適正摂取量及び摂取上限値についても最新の値を確認してご利用ください。

・本サイト内のフィーバーフュー等の効果は、一般的な情報で効果、効能を保障するものではありません。

ナツシロギク畑

Copyright© 「フィーバーフュー.com 偏頭痛とさよなら」 All rights reserved.